プロテオグリカン

プロテオグリカン効能【テルヴィスのアクアプロテオ】

プロテオグリカンの効能について説明しています。おすすめの商品はテルヴィスのアクアプロテオです。

年配の人の体臭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日暑い日が続いていますがみなさんは臭い対策してますか?体臭が強い人は世の中結構います。その中でも特に体臭のニオイが強いのが年配の人ですね。私の父親は66歳なのですが、体臭が凄いです。父親が入った後のトイレはニオイが凄いので、すぐに窓を開けて換気を行って、消臭スプレーをかけまくります。そうで無いとトイレにいるのが苦痛なので。トイレ以外にも父親が入った後のお風呂は物凄いです。風呂場に入ったらモア!っというニオイが来るので、その時も急いで窓を開けます。父親はそこまで汗をかきやすい体質でないので、たぶん汗のせいでは無くて、加齢臭のせいだと感じます。父親に「ちょっとお父さんの後のお風呂臭いのだけどどうにかしてよ」という事は言いにくいので、言ってはいないです。こういうのってとっても言いにくいですよね。言った所でどうにもならないですし、言ったら落ち込んだり怒ったりしてくるかもしれないです。なので、家族は「加齢のせいの体臭だから仕方ない」と感じて、そっとしています。最近、口コミで評判が良いのはデオシークというデオドラント商品です。

デオシーク最安値

プロテオグリカン原液

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


プロテオグリカンはヒアルロン酸を超える保湿力をもつとして注目をあびている成分です。そんな美容成分の高いプロテオグリカンですが、プロテオグリカンの原液とプロテオグリカンが配合された化粧品とでは、効果に差はあるのでしょうか?

 

そもそも原液とは、イコール原料ではありません。プロテオグリカンの原液は、鮭などから抽出される粉末状の物に水で溶かしたものになります。原液とは原料が一つのものからできた化粧品を指します。防腐剤などの添加物も含まれる化粧品もありますが、原料の配合率が高いものを原液と呼び、厳密には配合比率について明確な定義はありません。100%原液は、1%水溶液とほぼ同じ意味合いと捉えることができます。なのでプロテオグリカン原液とは、他に余計な成分が入っていない純粋なプロテオグリカン化粧品と言えるかもしれません。配合液よりは原液の方が濃度が高いため、そのぶん効果も高いと言えます。

 

商品を選ぶ際にはなるべく純度が高く、着色料、香料、アルコール、界面活性剤、防腐剤などの添加物ができる限り含まれていないものを選ぶことがポイントです。しかし、これらよりも大事な点があります。それは、プロテオグリカンと自分の肌との相性です。高濃度だからより良いとか、危険ということはありません。注意すべき点はその成分が自分の肌に合っているかということです。原材料にサケなどが使用されていますので、魚のアレルギーなどがある方は注意しましょう。販売されているプロテオグリカン原液ではフラコラのリフテストが有名ですね。

プロテオグリカン効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今注目の成分プロテオグリカンの効能はどうなんでしょうか。プロテオグリカンには高い美容効能を備えたタンパク質の1種です。本来、人間の体内にもともと存在していますが、外側からの摂取により、優れた美容効果が発揮されることがわかっています。プロテオグリカンの美容成分効能は大きく3つあります。

 

1つ目は、蓄水力による保水力。

 

ヒアルロン酸の保水力を凌ぐ程でヒアルロン酸の1.3倍と言われています。

 

2つ目は、新しい細胞を作る肌再構築力です。

 

年齢を重ねる度に表皮の再生能力はどんどん衰え、それにより肌のターンオーバーのサイクルが長くなっていきます。しかし、プロテオグリカンの細胞の新陳代謝を促す働きと自然治癒力により、真皮の再構築を促してくれるのです。ターンオーバーがうまくいけば、肌密度が高くなり、みずみずしいお肌になります。

 

3つ目は、ヒアルロン酸結合力です。

 

プロテオグリカンとヒアルロン酸の力で効果倍増ですね。

 

これらの優れた効能により、化粧品や食品などの業界や研究者の間で注目されています。最近は、鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンを効率よく抽出することが可能になり、化粧品などにも配合されるようになりました。昔は3000万以上で1グラムの生産と、高額でごく少量しか製造することができない貴重な物でしたが、ものづくり日本大賞で、総理大臣賞を受賞したと 特許技術により商品開発の道が開かれ、化粧品への配合が可能になったのです。この機会にプロテオグリカンの成分を日常に取り入れ、効能を感じ若々しい頃の美肌を取り戻してみてはどうでしょうか。

最近の投稿
カテゴリー
タグ
メタ情報